質問 病気の再発が怖い、どうにかなりませんか

回答 肉体と気の両面からアプローチして再発を極力抑えます

ガンをはじめ難病や大病を患うとその後も不安がつきませんよね、お大事にしてください。

まず肉体に関して考えてみたいと思います。
体のどこかが悪くなるとその悪い部位だけを考えがちですが、人の体というのはダイナミックに関連しています。心臓と腎臓が関連していたり、甲状腺と肝臓が関連していたりしています。

そのことを理解した上で病気の事を考えてみると、今回病気になった部位のみが特別悪くなり、他の臓器はみな健康だと考えるより、あちらもこちらも無理がたたって、結果として一つの臓器に負担が重くかかり、病気が発生したと考える方のが筋が通ると思います。

病気の女性

 

今回、病気になってしまったのは残念なことですが、先ずは無理をしてきた全ての部位を癒して体を整えていくことが第一歩かなと思います


次に気に関して考えてみたいと思います。「病は気から」というように病気になるときには悪い気、悪いエネルギーが存在しています。残念なことに気は目に見えないものなので、病院で検査をしてもどこに悪いエネルギーがあるのか分かりません。

 

その悪いエネルギーが肉体に影響して病気を発生させると肉体化した分、エネルギー自体は少なくなります。今回の病気でその悪いエネルギーが全て肉体化したのでしたら、再発のリスクはかなり少ないと思いますが、

悪いエネルギーが残っている場合は再発のリスクがまだある状態だと思います。

東洋医学は気の医療と言われるように、当院の治療では気を治療の中心に行っています。治療を受けた方の自然治癒力や免疫力を向上させて、肉体と気の両面からアプローチしていくため、再発の不安を極力下げることができると思います。


2021年10月13日